ホーム >レディース特集

 
 
 
 
始めに…ゴルフコンペや友達とのラウンドで「もうこの人とは一緒にプレーはしたくない!」と思われてしまう3つの要因をご存知でしょうか?

1、プレーの進行が遅い (準備が遅い、打つまでが遅い、移動が遅い)
2、マナーが悪い
3、不適切な言動


特にコースに出たばかりでマナー、ルールについて教えてくれる人がいない場合は誰にどのように聞いたらいいのか分かりません…。
「コースでのルール・マナー編」でスムーズな進行のために知っておくとベターなルール・マナー、知ってないと出来ないちょっとした心遣いをばっちり憶えましょう!
 
 
 
前進4打(プレイングフォー) 

〜1打目がOBの場合の最も有名なローカルルール〜
1打目が確実にOB…しかしティーティインググラウンドにこんな表示が!
比較的打ちやすいコース前方の特設ティーから4打目を打つことができます。
※この時ティーアップもOKです


前進4打(プレイイングフォー)の場合
1打目OB→コースの先にある特設ティー(黄色杭の範囲)から4打目を打てる

通常のOBの場合
1打目OB→1打罰→ティーショット打ち直しの3打目


ローカルルールなので各コース、ホールによって設定されていない場合があります。
大体ティーインググラウンドに表示がありますので1打目がOBになってしまった場合は確認してみましょう。
(前進4打が無い場合は通常OBの処置)

 
 
▲ページTOPへ
 
 
暫定球

〜OBまたはボールを紛失した可能性がある場合の処置〜
1打目がOBかもしれない…でもギリギリセーフ?そんな不確かな場合の時間短縮ルール


「暫定球を打ちます」と宣言し、最初に打ったボールと区別がつくようにボール番号を変えて、
「1打罰」+「ミスショットしたところから3打目」を打ちましょう。

仮に最初の1打目がセーフなら、2打目を通常に打ち、暫定球は拾っておきましょう。
※「暫定球」は2打目、3打目などで危うい方向にボールが飛んだ場合も適用されますので正しく憶えて、正しく使いましょう。

 
 
▲ページTOPへ
 
 
グリーン上での魔法の言葉「OK」 

〜グリーン上でのパターをしないで入ったことに〜
ある程度ボールがホール(カップ)に近づき「次は入るだろう」という距離の時に、周りのプレーヤーから「OK」の言葉が出た場合。自分では「OK」できません…。
※OKと言われた分の打数のカウントを忘れずに…。

「OK」と言えるその距離はまちまちですが、よく言われる指標は「ワングリップレングス(グリップの長さ以内)」

 
▲ページTOPへ
 
 
 
自分が打つ時のマナー
  • 自分のボールを探す時はウッド、アイアン、ウェッジなど数本クラブを持って探しましょう。
  • 素振りは1回(多くて2回)
  • 変なところにボールが飛んでしまった場合は小走り。
  • グリーン上でパターが終わったら、次の組のためにグリーンを速やかに離れましょう。
  • 前の組の人たちが見えなくなってしまったら少し急ぎましょう。
 
▲ページTOPへ
 
 
人が打つ時のマナー
  • 人の打ったボールの行方を見ておきましょう。
  • 誰かが打ちそうな時は静かに見守りましょう。
  • グリーン上では走らない!
  • グリーン上で他の人が転がそうとしているラインを突っ切らない。(移動の際ラインを踏まないように大回りする。)
  • みんながグリーン上にボールを乗っけたらピンを率先して抜く。
 
▲ページTOPへ
 
 
その他知っておきたいルール・マナー
  • 最初の順番決めは?
    クジ引きです!コースの1番、10番ホールにはクジが置いてあります。
    ※女性と男性などで使用するティーインググラウンドが違う場合は遠いところからのショットが優先です。
  • 2〜18ホールの順番は?
    前のホールで打数が少なかった人からです。一番最初にうち人を「Honor(オナー)」と言います
    ※女性と男性などで使用するティーインググラウンドが違う場合は遠いところからのショットが優先です。
  • 前の組への「打ち込み」はマナー違反
    「打ち込み」とは前の組にボールが届いてしまうこと。
    非常に危ないので打つ前に人がいないか必ず確認しましょう。もし、そのようなことがありましたら必ずお詫びをしましょう。
  • 隣のホールにボールが飛んでしまった!→元気良く「ファー!!」と叫びましょう。
    「ファー!!」というのは周りのホールでプレーをしている皆さんへの「ボールがそっちに行った」という警戒の掛け声です。
  • カートや各ホール間の移動時のマナーカートで次のホールに向かう時、前の組みでティーショットを打つ気配がある場合は少し離れて停止しましょう。
    カートのエンジン音停止の際の警戒音などがプレーヤーの妨げになる場合があります。
 
代表的なルールやマナーのみですが、これさえできれば素晴らしいゴルファーになれます。
他にも各コースで適用されるローカルルールや救済処置のルールがあります。
ex.「ワンペナ」「修理地」などなど。

コース内で分からないことがあった場合はスタートホール近くの「キャディーマスター室」に聞いてみてください。
 
▲ページTOPへ
 
 
 
 

 

Copyright(c) Nikigolf Co., Ltd. All rights reserved.