昨今、多くのアマチュア競技や各ゴルフ倶楽部のコンペティションで距離計測機器が容認されておりました。
そんな時代の流れを受けて2019年1月1日から以下のようにルールが改正されます。

今まで
ラウンド中に距離を計測するための距離計測機器の使用使用を禁止。
コンペなどの主催者・委員会の判断で距離計測器の使用を許すローカルルールを採用して使用が出来る。
2019年1月から
距離を計測するためにプレーヤーに距離計測器の使用可能。
ローカルルールで距離計測器の使用を禁止することが出来る。

※ここで注意※
今回のルール改正では「距離のみ」計測が認められております。
傾斜や高低差が分かるモデルについてはルール適応外となります。
→距離だけが分かるモードに変更が可能な商品については距離以外の情報がわかるモデルならOK。

今回のルール改正を見越して「距離だけ測れるモード」を搭載したモデルがおすすめ!

競技に出られるゴルファーもプライベートゴルフや試合前の練習であらゆる情報を収集し、いざ公式競技ではルールを守ったモードで戦いに臨むことができます。

サイズ・価格別に見るオススメレーザー測定器

2019年ルール非対応

高低差など直線距離以外の計測が可能 &直線距離のみの計測への切り替え機能が無いモデル

2019年ルール対応

直線距離のみの計測可能なモデル

Copyright(c) Nikigolf Co., Ltd. All rights reserved.

大雪の影響により、一部地域での遅延が発生しております。また、降雪の状況に応じて集荷・配送を見合わせる可能性がございます。 最新の状況につきましてはヤマト運輸ホームページをご確認ください。

ヤマト運輸ホームページ

弊社(株式会社二木ゴルフ)のサイト(二木ゴルフオンライン)を騙る「サイト」の存在が確認されております。
サイト内に弊社の名前が記載されていたり、弊社ロゴを模したものを使用したりしていますが、弊社とは一切関係がございません。
十分ご注意ください。