パターの選び方〜ヘッド形状とネック形状でパターは変わる〜

パターの選び方〜ヘッド形状とネック形状でパターは変わる〜

あなたは『自分で操作する派』?『オートマチック派』?

パターにはさまざまな形状がありますが、主に『自分で操作しやすい形状』と『オートマチックな形状』の2つに分けることができます。あなたのお使いのパターは、あなたのプレースタイルに合っていますか?

ヘッド形状

ピン型

ピン型
ピン型

ウェイトがトウ側とヒール側に配分されているため、多少芯を外してもミスを最小限に抑えることができるのが特長。
→ウェイトが両サイドに集中しているためミスヒットしてもヘッドがぶれにくい。

  • タップ式、ストローク式の打ち方に関係なくオールラウンダーに使いたい方向け。
  • ※タップ式・・・手首を支点にスナップを使って打つことで、芝の影響を受けにくい力強いボールを打ち出せる。
  • ※ストローク式・・・肩を支点にまっすぐ引いてまっすっぐ打ちだすオートマチックな打ち方。タップ式より再現性が高く安定しやすい。

※ピン型ヘッド形状一例

マレット型

マレット型
マレット型

重心が後方深くにあるため、直進するボールを打ち出しやすい。ヘッドが大きいため慣性モーメントが大きく、芯を外したときなどのミスヒットにも強いのが特長。

  • オートマチックにパッティングしたい方向け。

※マレット型ヘッド形状一例

ネオマレット型

ネオマレット型
ネオマレット型

マレット型よりもヘッド重量が重く、より慣性モーメントが大きいのが特長。オートマチックなストロークとの相性が良い。

  • オートマチックにパッティングしたい方向け。
  • 打つというよりも、"自然にパターが動く"ような感じでストロークするのがオススメ。

※ネオマレット型ヘッド形状一例

代表的なネック形状

クランクネック

クランクネック
クランクネック

スタンダードなネック形状。フルオフセットタイプが多く、オールラウンドに使える形状。

  • ※オフセット・・・右利き用の場合シャフトの中心線よりもフェースが右側にきているもの。
  • ※フルオフセット・・・シャフトの太さ1本分、フェースが右側にきているもの。

ベントネック

ベントネック
ベントネック

ネックがなく、シャフトがヘッドに付いた形状。フェース・バランス(後述参照)になるように設計されているものが多いため、オートマチックにパットしやすいのが特長。

センターネック

センターネック
センターネック

操作性に優れる反面、右利き用の場合はフェース面がシャフトより左にくるため、打球が右に曲がりやすくなり、技術がある玄人向け。

ショートスラントネック

ショートスラントネック
ショートスラントネック

ネック部分がヘッドから傾斜している形状。引っ掛けにくさと抜群の操作性が特長。

5球打つだけで解決!パターフィッティングもご体感ください!

5回のパッティングで、あなたの「ストロークタイプ」と「テンポ」を測定することで、あなたに合うパターをご提案いたします。

1.問診

問診

2.計測

計測

3.説明

説明

ストロークタイプがわかると「自分に合ったパター」が見つかる!

ストロークが真っすぐになる人向け

ストレート

真っすぐ引いて真っすぐストロークする方には「フェース・バランス」のパターがオススメ。

ストロークが曲線になる人向け

セミアーク

イン・トゥ・インでストロークする方には「トゥ・ヒール・バランス」のパターがオススメ。

トゥ・ヒール・バランスとフェース・バランスとは?

トゥ・ヒール・バランスとフェース・バランス
トゥ・ヒール・バランスとフェース・バランス

テンポがわかると「最適な重量」がわかる!

ストロークテンポ 推奨パター
1.7以下(速めのテンポ) スタンダード〜軽めのヘッド重量のパター
1.8〜2.2(一般的なテンポ) スタンダード〜重めのヘッド重量のパター
2.3以上(遅めのテンポ) 重めのヘッド重量のパター〜カウンターバランスタイプ

特集作成担当より

こんにちは、特集コンテンツ担当です。 ゴルフの理論、用語は難しいものも多いですね。日々勉強中でございます。
記事を作成する上で、調べて疑問が生じたら先輩に教えていただくのですが、文字を読んでいるだけでは理解しがたいことでも、実際に動きをつけて教えていただくことで意外とすんなりと理解できることが多くてびっくりします。
ネットにたくさん情報はありますが、読んでいても結局良く分からない(自分の作成記事も否定するみたいで悲しいですが・・)という経験はございませんか?また、パターにはいろいろな種類、組み合わせがあって結局のところ何が良いのってなってしまいますよね・・
そんなときは是非店頭に足を運んでみてください。いろいろなタイプのパターを試打できるので、頭では理解しきれない部分を体で理解できるかも!
我々二木ゴルフスタッフも最大限の知識と経験で皆様のパター選びをサポートさせていただきます。 ほとんどゴルフをやったことがない人で、フィッティングに行くのは不安という方もいると思いますが、癖がついていないからこそいいということもありますので、始めたての今こそがあなたにピッタリのクラブに巡り合うチャンスかもしれません。

ちなみに私は右も左もわからない頃に完全に見た目だけで、パターを選びました・・
私と同じようにやってしまったなと思わないことをお祈りいたします。

それでは皆様よいパッティングライフを!!

【特集コンテンツ担当】
ゴルフ未経験で2019年に二木ゴルフに入社。プライベートではゴルフを楽しみながら日々の業務に取り組んでいます。

パター選びに迷ったら二木ゴルフへ!お近くの二木ゴルフ店舗はこちらから

NIKIGOLF MAGAZINE TOP へ
    Copyright(c) Nikigolf Co., Ltd. All rights reserved.