HOMEゴルフツアーニュースニュース一覧 > 各ニュース

ニュース
松山英樹は「71」で42位発進 クーチャーが単独首位、ウッズは17位
2020.02.14
42位タイ発進の松山英樹(写真:Getty Images)
42位タイ発進の松山英樹(写真:Getty Images)
 米男子ツアーのジェネシス招待は13日、米カリフォルニア州のリビエラCC(7,322ヤード・パー71)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「71」で回り、イーブンパー42位タイ発進となった。

 大会ホストのタイガー・ウッズ(米)は1番パー5でイーグルを奪うなど4アンダーで折り返すも、後半に2つボギーを叩き、2アンダー17位タイで世界ランキング2位のブルックス・ケプカ(米)、ジャスティン・ローズ(英)らと並んでいる。

 7アンダー単独首位はマット・クーチャー(米)。4アンダー2位タイにラッセル・ヘンリー(米)などがつけ、3アンダー7位タイに世界ランクNo.1のローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(豪)、パトリック・キャントレー(米)らが続く。

 世界ランク3位のジョン・ラーム(スペイン)は1アンダー33位タイ、大会4勝目を狙うバッバ・ワトソン(米)、ダスティン・ジョンソン(米)、フィル・ミケルソン(米)、ジョーダン・スピース(米)は1オーバー65位タイで初日を終えた。

ページ先頭へ



Copyright(c) Nikigolf Co., Ltd. All rights reserved.

JALカード会員様各位
平素より二木ゴルフをご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび二木ゴルフでは、2020年2月29日(土)をもちまして、JALカード特約店契約(マイル積算が通常の2倍)を終了することとなりました。
お客様のご理解を賜り、引き続き二木ゴルフをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。