HOMEゴルフツアーニュースニュース一覧 > 各ニュース

ニュース
今平周吾が4打差4位発進 松山英樹は52位
2019.01.11
好発進を決めた今平周吾(写真:Getty Images)
好発進を決めた今平周吾(写真:Getty Images)
 米男子ツアーのソニー・オープン・イン・ハワイ(10日/ハワイ州/ワイアラエCC)第1ラウンドが終了。アダム・スベンソン(カナダ)が9アンダー61で単独首位に立った。

 日本勢トップは7バーディ、2ボギーの5アンダー65でプレーした今平周吾。首位と4打差4位タイと好発進を決めた。

 星野陸也は4アンダー7位タイ、松山英樹、稲森佑貴は1アンダー52位タイ、小平智、金谷拓実(東北福祉大2年)は1オーバー89位タイ、池田勇太は2オーバー112位タイで初日を終えている。

 マット・クーチャー(米)は7アンダー単独3位、昨季覇者のパットン・キジーア(米)、ジャスティン・トーマス(米)、マーク・リーシュマン(豪)は3アンダー17位タイ、飛ばし屋ルーキーのキャメロン・チャンプ(米)、イアン・ポルター(英)は1アンダー52位タイとなった。

ページ先頭へ



Copyright(c) Nikigolf Co., Ltd. All rights reserved.