HOMEゴルフツアーニュースニュース一覧 > 各ニュース

ニュース
松山英樹が5年連続で出場 プレーオフ最終戦 ツアー選手権
2018.09.18
 米男子ツアーのプレーオフシリーズ最終戦 ツアー選手権が現地時間20日、ジョージア州のイースト・レイクGCを舞台に開幕。松山英樹が5年連続で出場する。

 第3戦のBMW選手権終了時のFedExランキング上位30人が出場。同1位のブライソン・デシャンボー(米)から同5位までのジャスティン・ローズ(英)、トニー・フィナウ(米)、ダスティン・ジョンソン(米)、ジャスティン・トーマス(米)は今大会優勝で他選手の結果に関係なく、年間王者の栄冠そしてボーナスとして1,000万ドル(約11億円)を手にする。

 今大会を前にポイントは一度リセットされ、第3戦を終えてトップのデシャンボーから順に2000、1800、1520、1296、1280ポイント……となり、30位のパットン・キジーア(米)は115ポイントが分配される

 同27位の松山は、優勝は必須で下記の厳しい条件を満たせば年間王者となる。

・デシャンボーが25位以下
・ローズが3人以上の7位タイ以下
・フィナウが3人以上の3位タイ以下
・ジョンソンが3人以上の2位タイ以下
・トーマスが3人以上の2位タイ以下
・キーガン・ブラッドリー(米)が2位タイ以下
・ブルックス・ケプカ(米)が2位タイ以下

 2度の年間王者に輝いたタイガー・ウッズ(米)は2013年以来の出場。フィル・ミケルソン(米)は20回目の参戦、プレーオフシリーズ通算45試合目となる。初戦と第2戦を制したデシャンボー、第3戦で優勝したブラッドリー、2016年の年間王者となったローリー・マキロイ(北アイルランド)に注目が集まる。

 昨季大会はザンダー・シャウフェレ(米)が通算12アンダーで優勝。2位タイに入ったトーマスが年間王者に輝いた。松山英樹は26位タイで終えている。

ページ先頭へ



Copyright(c) Nikigolf Co., Ltd. All rights reserved.